日々忘録

何にもなれない人の日記

映画レビュー あの頃、君を追いかけた

見てきました。

 

あの頃、君を追いかけた

anokoro-kimio.jp

原作

那些年,我們一起追的女孩。

映画『あの頃、君を追いかけた』公式サイト

 

baike.baidu.com


f:id:piecewoaketahi:20181011150656j:image

 

もともと、原作を見たことがある上での日本版鑑賞です。

以下、ネタバレあり。

 

 

 

 

 

ーーー

正直いうと、日本版は日本版の良さもありながら、やはりオリジナルの良さを全部は出せていないな〜〜〜!という気持ちが半分あり。

だけど、普通に青春映画としては面白かった。

ただ、オリジナルが最高すぎるので、オリジナルの感想を踏まえながら日本版の感想を述べていこうと思う。

 

あの頃、というのは1994年の台湾。

この作品は監督のギデンズ・コー(九把刀)の自伝である。

台湾中部、彰化市の出身で、この作品の高校生活の頃の舞台でもある。

途中途中、男子高校生らしいシモネタ満載バカバカしさを挟んできながらも、半自伝的なところもあり、実際の台湾の生活が垣間見ることができる作品である。

 

物語は、オリジナルと構図が一緒で、たくさん落書きされたノートを読み返しながら結婚式場に行くまでに友人二人に「急げよー」と言われてりんごをかじるシーンから始まる。

オリジナル版では実際の台湾の中部、彰化市の町並みが映る。

日本版では場所が明らかにされていないながらも、どこかの片田舎での物語。

オリジナルでは多少紹介されておきながらも、日本版ではもっと登場人物の紹介が色濃くされており、

(本当にそこまで複雑な設定いる?)と疑問に思いつつも、後々すべて伏線を回収してくれたのでとても良かった。

また、オリジナル版ではあまり存在感がなかった、ヒロイン(台湾:沈佳宜 日本:早瀬真愛)の友達(台湾:胡家瑋 日本:小松原詩子)が

主人公(台湾:柯景腾 日本:水島浩介)の幼馴染として、恋心を抱いているという設定も、真愛と浩介の二人だけのストーリーにまたさらに青春の甘酸っぱさを加える形でとても良かった。

物語の前半は高校生活が描かれるのであるが、日本だと漫画の中によくある校則が厳しい学校である。

台湾は実際に存在する学校であるので、実際もこのような学園生活だったのだろうと思うことができる。

ただ、やはり日本版が台湾版を意識しているのはすでに明白であり、現在の日本ではなかなかない、学校シャツに名前が刺繍されているのはとてもよかった。

先程も述べたが、日本版はメインメンバーの設定がオリジナル版より付け加えられており、また、オリジナル版だとテンポよく出てくる主人公の悪友たち(主人公除く4人)が、日本版だとなかなか出てこず、最初は「本当に出てくるのか!?」と少しどぎまぎしたが、

メインメンバーの設定を日本らしく付け加えたのは、日本版で一番いいアレンジだったと思う。

真愛が医者の娘で、深窓の令嬢故に世間知らず、という設定も漫画の設定っぽくて日本らしく感じたし、

浩介の格闘技に対する熱い想いも、のちのちの真愛との別れにつながるところがわかりやすくてよかった。

阿和が、実はゲイだったというのは最初は最近流行りのLGBTに寄せてきたのか〜〜〜!???とあんまり好意的には受け取っていなかったのだが、

ラストは誰一人として不幸になるようなこともなく、むしろ幸せになるような形でいいフラグの回収の仕方だったと思う。

また、浩介の幼馴染である詩子が、後々真愛とともにルームシェアし、恋話をする、というのも日本の青春映画らしいワンシーンとなって、日本版なりの面白さだなと感じた。

ただし、原作に寄せすぎて、少し残念に感じた点はいくつかある。

真愛と浩介のデートの場所が、原作と同じく平渓で撮影されているのだが、そこはすごく違和感に感じてしまった。

(え、付き合ってもいないのに台湾まで旅行!?)

あとは、地震のときの久々の浩介と真愛の電話。オリジナルでは実際に台湾の921地震のエピソードだと伺えるが、日本版はどうしても地震のときの携帯をフリフリするようなシーンに何故か違和感を感じてしまったのだ。

 

だが、総評するととてもよかった。

エンディングの

言えなかったこと

言えなかったこと

もすごく良かったし、

何より齋藤飛鳥が最高に可愛かった。最高でした。

 

いろいろ、やはり半自伝的なオリジナル版と比べて日本版は多少漫画のような設定が入ってきたが、どちらもストーリーとしてはあの頃の自分たちの青春を噛みしめられる作品としては最高に良かったので、ぜひ見てほしい。

 

仕事が忙しいんだか忙しくないんだか微妙であるが、もう一度ちゃんと見てこようと思っている。

SAN値落ちは元上司からの連絡後に

このところ、職場を23時過ぎに出て自宅にてっぺんを超えた頃に帰宅するという生活を送っているが、なかなかこれが慣れない。

もともと、朝型(だと思っている)なので、太陽の光で目は覚めてしまう。

もともと朝いっぱいご飯を食べたい人なので、体重が増えるのも嫌なのでここ数日夕食を取らないようにしているのだが、なかなか身何故だか効果が出てるのかわからないが身体は重いまま。

お風呂に入ったら、最近購入したリファでローラーをゴロゴロしながら紫シャンプー・トリートメントをつけおく。

 

ReFa CARAT RAY

ReFa CARAT RAY

 

 

髪を乾かして、軽くストレッチしてから布団に入るのだがこれがなかなか頭が覚めてしんどい。

眠気は感じるのだが、寝たいという意識ばかり先行して何を考えれば寝れるのか、そうして寝付けなくなっていく。

そんな生活がもうすでに三日経っている。

 

不眠が仕事のせいなのかと言われるとそういうことは多分ないはずだが、最近また入社3ヶ月後に私に仕事を全振りして他部署の異動をしていった元上司から私の部署の仕事に関して「仕事上必要だから」と関わってくるのがめっちゃうざい。

職場の人が「でもその上司の状況考えたら仕方のないことだったよ」とたまにその元上司のフォローをいれてくるのだが、正直知ったことではない。だったらもう連絡を取ってくるな。

まるで拗らせた男女関係みたいなもやもやを抱えて生きるのが社会なんだな、と思いながら今日もまた昨日転んで出血と痣を作った東京駅の1.2番ホームのエスカレーターを降りながら職場に向かう。

 

これだから雨は嫌なのである。

 

f:id:piecewoaketahi:20181005130733j:image

髪を染めた日

髪を切った。

 

もともと髪の量も多く、広がりやすい体質ではあったのだが、

仕事で時間を取れずにいたのと、そろそろ髪を染め直したいと思っていたので、

シンガポールのホテルでのアメニティとプールで痛めた髪をカット・カラー・トリートメントしてきた。

ちなみにシンガポールのプール、5年ぶりぐらいにプールに入った。泳ぐのは楽しかったが、インスタ映えのためにないとプールに行く女子たちの強さを知った。

2月ぐらいにバイトをやめ、ブリーチして明るくなり切って、

3月に就職のため自分でセルフ黒染めをし、

6月に黒染めが落ちた分をグレージュでそめて、

やっと染め直しをするに至った。

 

ちなみに今回も、茶色にしようか悩んだけれど、

職場の年下の男の子に「けっこーぷりんになってますねー笑」って言われたのがショックで暗髪にしました。

ブルーアッシュグレー

青色がくすんだ灰色。

黒髪にみえますけどいいですか?

色が綺麗に見えるの、色が落ち切ってる部分だけですが・・・。

と、言われたけど

もともと別にハイトーンにして色味を綺麗に見せたかったわけでもないので

それで大丈夫ですーと言ったら。

 

はい!黒髪になりました。

写真を取ればいいのに、私が美容院行く日って大抵友達に会う予定もなければどこかに出かける予定もないので

今もうすでに二日目だけど髪の写真は一枚もありません。

 

6月に担当してくれた人と同じ人が担当してくれたんだけど、

どういう風に切りますか?って聞いてくれたのはいいんだけど、

「前髪切り揃えて、量を軽くしたいです」といったら

特にフォルムもおすすめなしで私の言ったオーダー分だけカットしてくれた。

多分街中で美容師(見習い)にカットモデルになりませんか!??と言われる確率が高くて、

たまにそのままお願いするんだけど

大抵短く切られすぎるので、むしろこういう人の方がいいのかも。

似合う似合わないじゃなくて、こういう髪型にしたいっていうオーダーの方が好きかも。笑

 

機会があればノーフィルターで写真撮って記事に載せまーす。

 

そんな感じ。

 

 

 

 

シルバーなんだけど、このカメラで撮ったシンガポールの植物園の写真でおさらば。

 

またね。

飛行機の中で青春をする。

9月28日

 

日本の沖縄に現在、台風が来ているというニュースを朝のホテルで知りつつ、いよいよシンガポールも5日目、朝6時のモーニング開始とともにレストランに駆け込む。

多少メニューが変わっているとは知りつつも、流石に四日目はあまり食べずに空港に向かう。

空港でMRTのICカードを返金してもらい、次はチェックインする前に消費税の払い戻しをしてもらう。

免税店も日本にはないブランドが並んでいたが、クレジットカードの請求が怖いので、母親の買い物に付き合うだけにした。

 

手荷物検査は飛行機に乗る直前だけでよく、日本のように長蛇の列を作らなくてよかったのはよかった。

ただ、気をつけなければならないことに、免税品の袋は飛行機に乗るまで絶対に開けてはならないということである。まぁ、そんなに開ける必要もないとは思うのだが……。

 

そんなこんなで飛行機に乗り込む。

行きと同じく、飛行機では機内コンテンツを楽しむこととした。

 

あさひなぐ

あさひなぐ

あさひなぐ

映画『あさひなぐ』 公式サイト

 

正直あまり期待してなくて、乃木坂の皆さまのお顔を楽しむ話かな〜ぐらいに思っていたのだが、やばい。

私も高校生活で薙刀始めればよかった!

そう思わせてくれる作品である。

ストーリーとしては、三年生最後のインターハイ予選、そしてライバル国陵高校の登場。お寺での合宿を経て、新人戦。そして国陵高校との練習試合。

割と三年生の引退まではあっさり描かれているのだが、インターハイ出場出来なくて悔しがってる三年生を見るだけで泣けた。あと、合宿のときに旭ちゃんが寿慶さんからスネを取ったときにも泣けた。あと、国陵高校との練習試合も泣けた。まじでところどころ泣けるんだわこれが。

多分、それはあさひちゃんが特別なスペックを持ったチート主人公ではないので、そのひたむきさがめちゃくちゃ良い。

白石麻衣演じる宮路真春が、悔しそうな表情をして電車から降り、その顔を見たあさひちゃんが電車で泣くシーンに、すごく心が突き動かされた。

最後は相手から一本取るのだが、それは努力の結晶だったからである。

というか、ひたすら旭ちゃん(西野七瀬)可愛い〜!!!!!!

あと、真春が良い。何がいいって顔が良い。

というか、みんな可愛すぎじゃね〜!!?

個人的には生田絵梨花演じる一堂寧々が最高だった。

あと、桜井玲香のヤンキー感が死ぬほど好き。最高だった。

とにかく、みんな最高だった。語彙がなくなるけど、とりあえず顔も映画も最高だった。

ネタバレ全開になってしまったけれど、乃木坂だからー、アイドルだからーと言わずに機会があればぜひ見てほしい作品だと感じた。

あと、エンディングに流れる

最高すぎて、AppleMusicですぐさまダウンロードした。

あと、サウンドトラック。

 

 

宇宙兄弟

宇宙兄弟

宇宙兄弟

  • 森義隆
  • 日本映画
  • ¥2000

映画 | 『宇宙兄弟』公式サイト

 

いやね、最高。

兄のむっちゃんの葛藤がすごく上手に描かれている。

こちらも原作未読・アニメも未視聴ではあるけれど、映画だけで十分話もわかったし、めちゃくちゃ泣いてしまった。

CG満載だったし、最後までストーリーを乗っけるために多少スピード感が急すぎたのは否めなかったが、普通に楽しめた。

宇宙に行きてえ〜〜〜!!!!!

 

となりの怪物くん

 

となりの怪物くん DVD 豪華版(2枚組)

となりの怪物くん DVD 豪華版(2枚組)

 

映画「となりの怪物くん」公式サイト

iTunesになかったのでAmazonで失礼)

漫画を持っていたのでとりあえずの視聴です。

全13巻どうやって100分弱にまとめるのかな〜とおもっていたのですが、イベントをさらった感じで、私的には菅田将暉山田裕貴池田エライザ浜辺美波のご尊顔を楽しむ作品だった。

あ〜来世は池田エライザのエキゾチックな顔か浜辺美波の整った顔になりてぇ〜。

というか、菅田将暉顔面整いすぎじゃね?なりてぇ。今すぐにでも。

ささけんは個人的にもう少し童顔の少年をイメージしていたので、佐野岳が出るたびに笑ってしまった。ごめん。佐野岳はわるくないんだけど、なんか学生服が似合わなすぎて笑えてしまう作品だった。

 

とりあえず、映画の感想はそんな感じです!!!!!!!


f:id:piecewoaketahi:20180930143327j:image

 

機内食は、そばが美味しかった。


f:id:piecewoaketahi:20180930143351j:image

あとあと、アイスが嬉しかった。めっちゃくちゃ美味しかった。

 

そんなこんなで日本に到着。

父親の運転する揺れる社内で映画を振り返りつつ、飛行機で高校生のキラキラ青春ストーリーに当てられて、来世はあんな高校生活が遅れるようになりたいと思った。

 

そんな感じ。終わり。

羽田からチャンギへの飛行機で

嫌な予感はしていたのである。

もともとそういう予定であるのも知っていた。

知ってはいたが、それでも不満に思えるのが、どうしようもない体調面だろう。

 

それはさておき、

寝ようと思っていた飛行機の時間、体調の不具合もあってなかなか寝付けず、

結局機内コンテンツを楽しむこととなった。

 

恋は雨上がりのように

映画『恋は雨上がりのように』公式サイト

f:id:piecewoaketahi:20180924104852j:image

 

この作品の原作である漫画は通っている美容院に置かれていて、そこで読んだのが初めてである。(正直、あまりラストを覚えていないので次に行ったときに読み直したいと思っている。)

映画に関してはたまたま、フロントメモリーを知る機会があり、そこから映画もちゃんと見たいと思っていたところであった。

職場の人が絶賛していたので期待してみていたが、漫画とアニメとで既に頭の中に内容が入っていたので、正直言うと結構あっさりまとめているな〜とは感じたが、いうほど不満には感じなかった。

本当は吉澤くんとユイちゃんの恋模様とかいろいろちゃんと描いてほしいとも思ったが、映画の尺にはこれぐらいでいいのかもしれない。残念だが。

楽しみにしていたフロントメモリーはやはり名曲だということを知った。

 

 

f:id:piecewoaketahi:20180925103414j:image

f:id:piecewoaketahi:20180925103419j:image

 

はい!大本命ですね〜。

やっと見ました。

 

名探偵コナン ゼロの執行人

 

名探偵コナン 公式サイト

今はもう何億の男なんですかね。

正直、いやIoTテロガバガバすぎんよ〜とか思ったけれど、

コナンくんの「安室さん、彼女っているの?」からの

 

「僕の恋人は…この国さ!!」

 

はい、確かに皆安室の女になりました〜!!!!!!!!!!!!!!!!

コナンの映画全部を網羅しているわけではないんだけど、やはり一番好きなのはイカー街の亡霊*1で、

どちらかというとから紅やら迷宮の十字路で平次の女なのだが、

あの一言で映画を見た女はすべて安室(降谷零)の女になる。間違いない。むしろあの一言のために映画に通う気持ちもわからなくはない。

 

帰りの飛行機も多分同じコンテンツが流れるだろう、次はなんの映画を見ようか今から悩んでいる。

シンガボール:2日目

この日は街中散策の予定だったので!8時半頃に起きてホテルの朝食ビュッフェを頂いてから、ショッピングモールに赴き、水着を買いに行った。

 

そしてホテルに2箇所、プールがあるのだが、とりあえず私たちが泊まっている19階に近い18階のプールに行くことにした。

1時間ほど遊泳を楽しんだあとは、日本の銀座とも言われるオーチャード通りを散策。

f:id:piecewoaketahi:20180926101733j:imagef:id:piecewoaketahi:20180926101753j:image

 

シンガボールとは面白いところで、

街中に突然変わったテイストの建物が出てくる。

MRT等は台湾でお馴染みだったのですごく親近感があるような街だと思っていても、全然違っている。

 

オーチャード通りを抜けて、Newton駅まで歩き、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)に行こうと目論み、ベイフロント駅まで。

そこで問題発生、植物園がオープンしていないそう。

 

…えっまじ?

 

空港で既にクラウド フォレストとフラワードームのチケットを買っていて、一日で消費しないといけないということだったのでまた別日にしようと決めた。

そして、マリーナベイサンズの中をぶらぶらし、フードコートで飲茶を頂き、そのままホテルに戻る。

ホテルに戻ってからは、六階のプールに泳ぎに行く。

入ってみたものの、深さが0.9メートルと1.5メートルで微妙なので写真をとれて満足したら横のバーでウェルカムドリンクをいただく。

 

f:id:piecewoaketahi:20180927102738j:image

めちゃくちゃそれっぽい写真を撮れて満足。

そのあとは部屋に戻り、二日目も終了。

アクティブなのかそうじゃないのかわからないラインである。

シンガポール:1日目

それはもう最悪な1日だった。

 

飛行機内で映画を見ているときに、それは感じた。

お腹が痛いぞ、と。

 

常にPMS*1では眠気を感じていたのに

旅行というイベントに体が興奮していたのか、なかなか寝付けず、後ろの席の人は席を蹴ってくるしなかなか快適とは言えない飛行機内であった。

やっと意識が飛んだのは、ゼロしこ*2で犯人がわかったところであった。

安室さんの名台詞前に寝てしまったところであったのに、福山雅治の声で目が覚めてそのまま機内食、という流れになった。

 

チャンギ空港に到着してからは、トイレに行こうと思って最初に行ったところ、前の団体客がなかなかトイレをファンキーに使う方々で、便座に水がスプラッシュしていたりとやばかったので結局使用しなかった。

 

私は一体、なんの話をしているんだ。

 

そして入国審査を終えて、両替をし、SIMカードをStarHubのS $18ぐらいで5日間のを購入した。(うろ覚え)

SIMカードについては散々台湾で慣れていたため、そこまで困らなかった。

 

SIMカードを買ったあとは空港のインフォメーションに行く。

ホテルの行き方を調べようとしたところ、たまたまシンガポールの観光地のチケットを安く売っていると知り、そこでチケットを購入。

ユニバーサルスタジオシンガポールと水族館とフラワーガーデン/クラウドフォレストのチケットを無事購入。

本当はvoyaginで買おうと思っていたのだが、そこでセントーサ島まで行くケーブルカーがやっていないと知り、日本で買わなくてよかったねと安堵した。

 

チケットを買い終わってからは、早いがホテルに荷物を置くためにMRTを使ってファラー駅というところまで行く。

MRTは台湾のと同じ感じだったので難なく移動。

まだ朝8時半すぎということもあり、通勤ラッシュと被り少し車内はキツめ。

 

さて、無事入国したので街に繰り出す。

市内にはMRTに乗って移動したのだが、時間帯が朝の通勤ラッシュと被っていたのだろう、わりと満員であった。

まぁ、といっても日本の満員電車に慣れるとそこまでキツイという感覚はなかった

 

ホテルはワンファラーホテル*3に宿泊。

できて間もないと聞くが、めちゃくちゃきれい。

 

部屋の中にはまだ入れなかったが、荷物だけ預けて街に繰り出す。

とりあえず、チャイナタウン(牛车水)へ観光。

ここで母は父親に頼まれていた漢方系のものをたんまりとお買い上げ。

しかし、私はあまりの眠気に勝てずほぼ無言。

母親に早く戻ろうと急かし、漢方をたんまり買ったあとはホテルに戻り、少し仮眠。

少し休んで体調を持ち直したら、近くのモールを散歩し、マリーナベイサンズの近くまで行った。

そもそもシンガポールの知識をあまり入れていなかった為、近くにマーライオンがあると知らずにぐるぐる周りを歩いている途中で帰りたいと私が言い出す始末。

 

母親、マジでごめん。

 

そんなこんなで、マーライオンも見、マリーナベイサンズの近くの噴水ショーも堪能してから、部屋に戻ってそこで一日目は終了した。