日々忘録

何にもなれない人の日記

私の顔面は不二周助で出来ている

最近、デパコスを買った。

 

理由は、最近買った本に感化されたからである。

 

 

だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査

だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査

 

 

正直、デパコスといえばリップしか持っていなくて、

肌に触れるものほどデパコスとか、ちゃんとしたもののほうがいいというのは知ってはいるのだが、

やはりなかなか気が進まない。

 

なぜって、買い換えるときにお金がかかるから。

 

以上。

 

それまでの私のメイクはあくまでもコンプレックスを直し、隠すものであるので、

アイメイクをしておけばいいやと思っていたのだが、

アイメイクが崩れないようにするためにはベースメイクをちゃんとする必要があって、

ベースメイクしたら崩れないようにする秘訣があって、

今まであんまりコンプレックスに感じていなかった鼻というか顔の凹凸もちゃんと

シェーディングとハイライトつけてやってみようかな、といった具合のメイクの歴史の変遷である。

 

そうして、最近Twitterで美容垢と呼ばれるものを見てはいたのだが、

先程の本を読んで、ちゃんとメイクをしよう、と思ったのだ。

ちゃんと、年齢なりのメイクで。

 

そう思ったら、気がついたら新宿の伊勢丹に行っていたのだ。

 

伊勢丹には、最近気になっていたものをTUしてもらいに行った。

・M・A・C ハイライトとシェーディング

 

 

・NARSのリフ粉と呼ばれるもの

 

キールズの下地

ポール&ジョーの下地

 

ランコムの下地

 

 

そうして、魅惑の新宿伊勢丹を出た私はいわゆるデパコスのショッパーを手にしていた。

以下が戦利品である。
f:id:piecewoaketahi:20181104162312j:image


f:id:piecewoaketahi:20181104162314j:image


f:id:piecewoaketahi:20181104162319j:image

 

実は新宿伊勢丹だけじゃなく、銀座三越も行ってましたすみません。

 

銀座三越は通りがかって、新宿伊勢丹ではあまりにも混んでいたポールアンドジョーの下地をTUしてもらおうと入ったところ、たまたまシュウウエムラの限定リップが売られていて思わず買う予定のなかったリップまで買ってしまった。

 

MACは実は本気で買おうと思っていて、タッチアップしてもらったが最後、めちゃくちゃ肌がきらびやかになっていたのでかってしまった。

あと、ブラシ。正直買うつもりは毛頭なかったが、5年は持つものなので〜という言葉に釣られてかってしまった。せっかくタッチアップで技も教えてもらったし。

 

シュウウエムラのリップはあまり選べる色数ではなかったのだが、私の好きなきれいな赤色とLa maison du Chocolatの素敵なチョコの香りに思わずカードを出していた。

 

リフ粉については、割と買おうとは思っていたのだが、

最近肌が乾燥しやすいのとMACのシェーディングとハイライトは粉だしキラキラするから、いらないよなと思って断念。

夏にまた改めて買おうと思っている。

 

下地については

ポルジョのを本気で買おうと思っていたが、なかなか混んでいて(三越伊勢丹も)、サンプルだけ貰って帰っていった。

キールズのはスキンケアとしても良いとは聞いていたが、あまりしっとりしていなかったので、こちらもNARSと同じく夏にもう一度見てみようと思った。

ランコムは友人に勧められてだったが、値段も値段だったので踏み切れずに終了。

 

こんな感じ。

 

正直、MACのハイライトとシェーディング、昨日今日と使っているが、

朝早い出勤のために適当にブラシで入れているのでタッチアップほどきれいに顔面の凹凸が作られていない(気がする)のだが、

改めて時間があるときにちゃんとメイクしようと決意した。

クリスマスコフレでも良かったが、普段使いはこちらがいいよと言われたので思わず

ライトスカペードとミディアムダークを使用している。

時間があったらもう一度コフレのやつあったらタッチアップしてもらおうかなぁ。

 

シュウウエムラのリップはやばい。

落ちない。

まじで。

朝の七時前からつけているのだが、未だに色味がはっきりしている。

匂いもつけるときだけだし、何より限定ショッパーが可愛すぎる。

かってよかった。

 

とりあえず、最近の備忘録。

あぁ、物欲が止まらない。お仕事、今日も頑張ろう。

 

一日で2万を超える出費になってしまったが、

職場の方の友人がテニラビで不二周助を出すために3万課金したという話を聞いてから、

私の顔面は不二周助から作られていると言っても過言ではないと思い始めた。